【ValueSMSコラム1】SMS送信とは?

SMS送信とは?

インターネット通信手段を使って人と交流する場合には、メールなどが主流ですがその中でもSMSと呼ばれるものはあまり利用されていません。SMSとは、スマートメールシステムのことで、文字数が650文字程度しか送ることができないのが特徴です。最近は、ビジネスとして利用している人も多く、密かに注目されていると言えるでしょう。では、他にどのような特徴があるでしょうか。それぞれの特徴や法律問題などを見て上手に使うようにしましょう。

■特徴は一体どのようなものかを知っておこう

SMSは、通常のメールとは異なり各携帯電話に1つしかアドレスがありません。よく検索エンジンなどでたくさんのメールアドレスを作ることができるわけですが、SMSに関してはそのようなことができず、それ以上広げようがないのが特徴になります。つまり、携帯電話を1台持っていれば1つのアドレスのみで2つアドレスを所有したい場合には携帯電話を2つ持つ必要があります。しかも、第三者に電話番号などを調べてもそのメールの内容自体を盗み見られることはまずないとされています。基本的に携帯電話の本体を持っていなければメールの内容を見ることができません。そのような意味において、セキュリティーもそれなりにしっかりしていると言えるでしょう。ただし、送信する側はしっかりとセキュリティー対策をしておかなければなりません。あくまで到着するメールが1つの携帯電話でしか見ることができないと言う意味で、送信する側は、他に情報が漏れてしまう可能性もあります。

■ショートメールの開封率が高い理由とは何か

ショートメールにも、さまざまなメリットがありますが、メールを送信する側の立場としては開封率が高いことが最大のメリットと言えるかもしれません。これは、他のメールアドレスと比較するとよくわかります。1つの検索エンジンが所有するサーバーでいくつものメールアドレスを作ることができますが、メールアドレスが多ければ多いほどそれぞれのメールアドレス自体にそこまで重要性はありません。メインで使っているもの以外は、ほとんど閲覧しないという可能性もあります。つまり、ほとんど閲覧しないメールアドレスにたくさんのダイレクトメール等を送ったとしてもほとんど意味がないことになるでしょう。しかしSMSの場合には、携帯電話1台に対して1つのメールしか送ることができないため、重要度の高さが違うといえます。つまりめったにショートメールサービスにメールが来ることはなく、その分だけ開封率も高くなるわけです。ちなみにショートメールサービスを利用しているパターンは、お金の請求や引き落としの確認などが多いですが、セールスで利用している場合もあります。ただ、セールスで利用する場合にも無制限で利用できるとは限りません。やはり法律で決められた範囲内でしかメールを送信することができないわけです。

■一体どのような法律があるのかを確認しておきたい

SMSを利用してメールを送信するのは大抵会社になります。会社は、信頼が大事である以上法律問題を引き起こすようなことがあってはいけません。実際にショートメールでもやり方が悪ければ法律問題が生じてしまうこともあります。例えば、プライバシーの問題が考えられます。送信する側は、多数の人の情報を持っており、それがもし第三者にばれてしまうようなことがあれば、大きな責任問題になり得るでしょう。また、メールを送信する場合も相手方の同意が必要になることを知っておくと良いです。

SMSは、ショートメールサービスと呼ばれるもので各携帯電話に1つだけアドレスがあります。そこに向けては、各企業が携帯電話の料金の確認や、広告などで利用することがあります。あまり利用されていないため、ショートメールを使う人は少なく、それ故そこに来るメールは重要なメールであると判断されており開封率も高いです。