SMS送信サービスとは

SMS送信とは?

SMS送信とは、Short Message Service(ショートメッセージサービス)の略で、文字数が650文字程度しか送ることができないのが特徴です。スマートフォンには「メッセージ」というアプリで内蔵されています。

最近は、ビジネスとして利用している人も多く、密かに注目されていると言えるでしょう。では、他にどのような特徴があるでしょうか。それぞれの特徴や法律問題などを見て上手に使うようにしましょう。

■特徴は一体どのようなものかを知っておこう

SMSは、通常のメールとは異なり各携帯電話に1つしかアドレスがありません。よく検索エンジンなどでたくさんのメールアドレスを作ることができるわけですが、SMSに関してはそのようなことができず、それ以上広げようがないのが特徴になります。つまり、携帯電話を1台持っていれば1つのアドレスのみで2つアドレスを所有したい場合には携帯電話を2つ持つ必要があります。しかも、第三者が電話番号などを調べてもそのメールの内容自体を盗み見られることはまずないでしょう。

基本的に携帯電話の本体を持っていなければメールの内容を見ることができません。そのような意味において、セキュリティーもそれなりにしっかりしていると言えるでしょう。ただし、送信する側はしっかりとセキュリティー対策をしておかなければなりません。あくまで到着するメールが1つの携帯電話でしか見ることができないと言う意味で、送信する側は、他に情報が漏れてしまう可能性もあります。

■開封率が高い理由とは何か

メールを送信する側の立場としては開封率が高いことが最大のメリットと言えるかもしれません。

これは、他のメールアドレスと比較するとよくわかります。1つの検索エンジンが所有するサーバーでいくつものメールアドレスを作ることができますが、メールアドレスが多ければ多いほどそれぞれのメールアドレス自体にそこまで重要性はありません。メインで使っているもの以外は、ほとんど閲覧しないという可能性もあります。つまり、ほとんど閲覧しないメールアドレスにたくさんのダイレクトメール等を送ったとしてもほとんど意味がないことになるでしょう。

しかしSMSの場合には、携帯電話1台に対して1つのメールしか送ることができないため、重要度の高さが違うといえます。つまり、メールアドレスに比べてSMSに連絡が来ることは少なく、その分だけ開封率も高くなるわけです。

ちなみにショートメールサービスを利用しているパターンは、お金の請求や予約の確認などが多いですが、セールスで利用している場合もあります。ただ、セールスで利用する場合にも無制限で利用できるとは限りません。やはり法律で決められた範囲内でしかメールを送信することができないわけです。

■一体どのような法律があるのかを確認しておきたい

SMSを利用してメールを送信するのは大抵会社になります。会社は信頼が大事である以上法律問題を引き起こすようなことがあってはいけません。実際にSMSでもやり方を間違えると法律問題が生じてしまうこともあります。

例えば、プライバシーの問題が考えられます。送信する側は、多数の人の情報を持っており、それがもし第三者にばれてしまうようなことがあれば、大きな責任問題になり得るでしょう。また、メールを送信する場合も相手方の同意が必要になることを知っておくと良いです。

SMSは、ショートメールサービスと呼ばれるもので各携帯電話に1つだけアドレスがあります。そこに向けては、各企業が携帯電話の料金の確認や、広告などで利用することがあります。あまり利用されていないため、ショートメールを使う人は少なく、それ故そこに来るメールは重要なメールであると判断されており開封率も高いです。


SMS送信の使い方とは?

顧客に電話してもつながらない、メール送信しても呼んでくれない、そのような悩みを抱えていませんか。今回はそのような悩みを解消させてくれるSMS送信の使い方について紹介します。使い方をマスターして見込み顧客やリピーターを獲得しましょう。

■SMS送信をする際の使い方とは?

SMS送信を導入すると直感的な操作方法ができるので、簡単に導入することができるという特徴があります。利用する会社によっては、タブレットでも操作ができるところがあるのでパソコンがない環境でも大丈夫で、初めての方でも簡単に操作することができます。

SMS送信は連絡したい内容をメールやLINEよりも簡単・スピーディーに顧客に届けることができるサービスです。配信は1件から一斉配信まで対応することができるので、さまざまなシーンで活用することができます。送りたいときにすぐに送れるという特徴もあります。

使い方はパソコンやタブレットから管理画面にアクセスし、携帯電話番号などのアクセス情報とメッセージを入力して配信するだけです。顧客リストを既に持っているのであれば、エクセルファイルを一括アップロードしての送信もできます。携帯でもスマホでも受信することができるので、どのような年代の顧客にも対応することが可能です。

■導入した場合にどんな活用ができるか

SMS送信の特徴の一つに短期間ですぐに導入できる点がございます。特典やクーポンなど、送信文字数だけでは伝えられないことはURLを記載することによって、WEBサイトに誘導することもできます。

また、管理画面も簡単に設定することができるので配信状況や、よく使用するテンプレートなどは保存しておくこともできます。

SMS送信専門の会社を活用すれば、よく利用するお知らせなどの文章をテンプレートとして登録することができるので、より簡単に活用することができます。

SMS送信の使い方を理解することができたでしょうか。他にもSMS送信では一斉送信を送る際に差し込み機能もあるので、送信相手に個別に送ってもらったような送信をすることができます。さらに送信相手が何回クリックしているかなどを知ることができる機能も付いているので、効果的なマーケティングをするのに活用することも可能です。配信停止を希望した送信先へ送信できないようにするブラックリスト機能も付いているので、安心して利用することができます。


SMS送信のメリット

SMSは、メールやDM、電話などよりスピーディーに送信ができるサービスです。それだけに、このサービスを利用することで、送信することでどんなメリットがあるのか代行サービスも含めてご紹介します。

1.タイムリーにメッセージを送信できる

通常、連絡したい内容はメールであったり、電話やFAXなどで相手に送信するものですが、それよりスピーディーで、なおかつ、内容を『見る』確率大となるのがSMSという短文でメールを送信するサービスです。

SMS送信は、1件から対応、PCやスマホ、タブレットからアクセス可能であれば、いつでも『タイムリー』にメッセージを送信することができます。管理画面で設定するやり方ですが、特典やクーポン画像、送信する相手に知らせたいコンテンツがあるのならURLを記載して、そのWEBサイトまでジャンプさせることも可能です。

また、活用方法として例えばアンケートなどに協力をしてもらい、協力してくれたのならありがとうのメッセージとともに特別クーポンを贈呈、番号を直ぐに入力できてお得なクーポンで相手も気分がいいはずです。クーポンは印刷してというパターンもあるでしょうが、印刷費だったり、DM発送にコストもかかるのなら、SMSが勝るでしょう。

2.音声ガイダンスからWEBサイトへ誘導

SMS送信は、1件ずつはもちろん、一斉送信も可能、さらに差し込み機能を駆使すれば、個別仕様として送信することができるといいます。これにより、プライバシーに関わる内容も個別に送信することが可能になるでしょう。

例えば、不動産業であれば、家賃の滞納が続いている入居者に対して『3ヶ月分が未納です』という内容とともに、振り込みの催促ができます。メッセージを見たかどうかも一目瞭然です。不動産業では、賃貸マンションなどの入居者を募集する内容でも活動しています。

そのため、例えば、IVR(自動音声応答)と連携し、SMS送信でWEBサイトへ誘導することもできます。メリットとなるのは、その『機能性』でもあるでしょう。受信してからも、再アクセスを含めて日数経過後のアクセス挙動をチェックすることができます。誘導したWEBサイトにアクセスした日とは別の日に入力行動があるなど、効果がどれだけ続いているのかを効率よくチェックできます。これは、販促システムを開発したり導入するよりもはるかに手間も費用もかからない、そうしたメリットもあるでしょうから、個人事業主からありとあらゆる業種に対応できるのは強みです。

3.営業促進ツールとしての活用もできる

SMSは使い勝手もさることながら、代行サービスも用意されていますから、難しく考えるならば、こうした代行サービスを活用するのもありです。SMSに関わる作業となるテンプレート作成や配信作業、進捗管理からトラブルを含めた報告のレポート作成なども任せることができ、業務効率という点でもメリットは大きいでしょう。

電話番号だけで手軽に相手にメッセージを送信できるのもメリットで、変更やキャンセル、予約などのメッセージも送信できます。電話から問い合わせを受けたのなら、その電話番号へ、『先ほどの問い合わせ内容』というメッセージで臨機応変に対応できるでしょう。他に、店舗移転の際、案内をWEBサイトでなくSMSを利用して知らせる、これなら遠退きぎみだったお客さんへの来店というきっかけづくりになります。連絡ツールから営業促進ツールとしても使えるなど、いろんなメリットがあります。

短文だからこそ、相手も嫌な思いをせずにメッセージを見ることができ、そのメッセージには特典やクーポン、個人的な内容までも掲載することができます。ただの連絡ツールならば、電話でも問題はないものの、繋がらないのなら意味はなく、SMSのメリットは見てくれる確率大である点です。それによる費用対効果、これも魅力の1つになります。


SMS送信のデメリット

SMSを送ることでビジネスの宣伝をしたいと考えている場合は、メリットのことしか頭にないかもしれません。たしかに、電話番号を知っていれば遅れることや、開封率が高いことはとても大きなメリットなので、気になってしまうのも仕方がないでしょう。しかし、デメリットも存在しているため、きちんと知ったうえで利用することを考えましょう。こちらでは、SMS送信で宣伝をすることのデメリットを3つほど紹介するので、失敗したくないのなら参考にしてください。きちんとメリットとデメリットを把握したうえで、SMS送信を選定すれば、後悔することなく宣伝がおこなえるようになります。

1.一斉送信は業者に頼まなければできない

SMSでの宣伝を1人の方だけに送ろうと考えているのなら、少し時間をかければおこなえるでしょう。しかし、1000人に送ろうと考えているのなら、SMS送信に対応しているサービス会社に仕事を依頼しなければいけません。個人では一斉送信というシステムを利用するのが難しいため、サービス会社からシステムを借りて導入する必要があるのです。

ただし、これは郵便とメールでのダイレクトメールも同じようなものなので、それら2つをすでに使っているのなら大きなデメリットとはならないでしょう。それらのダイレクトメールも大量に送りたいのなら、業者のシステムを利用するのが当たり前となっているからです。

2.SMSには文字数の制限が設定されている

宣伝をしたい場合、思いをしっかりと伝えたいと考えて、文字数が多くなってしまう傾向がある方もいるはずです。郵便やメールなどのダイレクトメールならば、それでもまったくかまわないのですが、SMSの場合は文字数の制限があるので気をつけるようにしましょう。

まず、電話会社は670文字の制限(全角の場合なので半角なら倍まで可能)を設定しています。そして、送りたい相手が持っているスマホやガラケーによっては、70文字という少ない文字数が制限となっています。郵便やメールならば1000文字を超えても余裕なので、少なすぎると感じてしまう方もいるでしょう。少ない文字数を補うためには、頭をしっかりと働かせて短くて効果的な文章を考える必要があります。これまで文章を作ったことがない方は、かなりレベルの高い作業だと感じてしまうかもしれません。

3.SMSには画像を添付することができない

郵便やメールでのダイレクトメールを利用するときは、テキストだけではなく画像を使って、インパクトがあり分かりやすい宣伝をおこなったかもしれません。しかし、SMS送信では画像を使うことができないので、テキストのみで勝負をしなければいけません。

ただし、文面にURLを貼ることができてクリックがおこなえるため、そちらに宣伝用のホームページを設置することは可能です。そのため、SMS送信で宣伝をおこなうのなら、URLをクリックしてもらえるような文章を用意しなければいけないでしょう。

SMSでの宣伝を希望するなら、郵便やメールを使ったダイレクトメールのときにはいらなかった、かなりの文章力が必要になるといえます。そのデメリットをできる限り少なくしたいのなら、文面も考えてくれる業者を利用したほうがよいでしょう。宣伝したいことをサービス業者に伝えれば、それを考慮したうえで文面を提案してくれるところがあります。プロが考えた魅力のある文章ならば、画像がなくても商品やサービスの素晴らしさはしっかりと伝えられるでしょう。もちろん、そのようなところなら一斉送信にも対応しているため、サポートがしっかりとしているサービス業者と契約すれば、デメリットをデメリットだと感じることがなくSMSで宣伝がおこなえるようになります。

丁寧で安心できるサポートがほかにも多数用意されているサービス業者があるので、宣伝を成功させたいのなら契約することをおすすめします。