【ValueSMSコラム5】SMS送信の開封率とは

 

SMS送信の開封率とは?

 

ビジネスでSMSを使う場合には、しっかりと反応を見ることが重要になります。どのビジネスでも同じですが、お金をかけて仕組みを考えて作った以上は、その仕組みにかけたお金に対してどれだけ反応があるか、そしてどれだけ利益を出すことができるかは重要になります。そこでまず最初の段階としてSMS送信における開封される率を確認しましょう。この開封率が高ければ、ある程度商品が売れる可能性が高くなります。もし商品が売れていないとすれば、開封はしているのに売れていないと言うことで、文章の中身が悪いことに気がつかずのままです。いずれにしても、開封率を見ておくメリットは大きいでしょう。

 

開封された率が確認できるように設定しておく

 

SMS送信をする場合には、どこか業者を1つ選ばなければいけません。いくつか業者がある中で、さまざまなサービスを見比べて自分たちにとってより良いサービスを提供してくれるところを選びましょう。このとき気にしておきたいのは、開封される率を表示してくれるところです。せっかくメールを送信したのに、開封率が全くわからなければその後の対策を立てるのが難しいです。もしメールだけで商品が爆発的に売れれば別ですが、そのようなことは滅多にありません。商品があまり売れていない場合やサービスがあまり利用されていない場合は、やはり開封されか率がどの程度になっているかを見ておく必要があります。業者の中で開封される率を確認できるところを探し、より的確に改善点がわかるようにしておくべきです。

 

SMSは比較的開封率が高いことで有名

 

お客さんに対してメールを送信する場合には、通常のメールを使うよりもSMSのほうが開封率が高いとされています。一般的なメールは、開封率が60%程度とされています。特に同じようなメールばかり送っていると開封率は次第に下がってくるでしょう。そうすると、せっかくメールを送ったのに半分程度の人しか見ていないことになります。それでは、費用対効果が十分とは言えないでしょう。そこで、開封率を高めるためにはSMSが有効になります。SMS自体は、各携帯電話に1つしか送信することができません。フリーアドレスなども一切ないため、非常に重要な情報のみを送ることになっています。そのため、ライバル自体がとても少ないことから、いちど送信すれば開封率を高くなるでしょう。実際にSMSから来たメールほど大事なものはないと考えている人が多いです。ただし、いくら開封率が高くなるといっても、内容の薄い文章ばかり送っていると次第に開封される確率が低くなってしまう可能性があることを知っておきましょう。

 

どのようにしたら開封されやすいか

 

もともと開封されやすいと言われているSMSでも、より開封されやすくするためには、タイトルが重要になります。タイトルは刺激的なほうが良いと言われていますが、あまり刺激的な内容で中身がスカスカだとお客さんのほうも反応しなくなってしまいます。もし、開封される確率を高くするためには、そこまで刺激的な内容でなくても良いので、お客さんが知りたい情報がそのタイトルだけでわかるようにしておくことが必要になります。それに加えて、文章の内容も充実させることが重要です。メールのタイトルも確かに重要ですが、肝心の文章の内容がお客さんの気持ちを駆り立てるものでなければなかなか商品やサービスのためにお金を払ってくれません。この場合は顧客心理をよく考えておくことも必要です。

 

SMSを利用する場合には、開封率が高くなりやすい傾向にあります。これは、通常のメールと異なりたくさんのアドレスを作ることができないからです。通常携帯電話1つに対して1つのSMSしか利用できません。開封される確率を知るためには、開封されたかどうかを確認できるスタンドを利用しておくことが重要です。