【ValueSMSコラム6】SMS認証とは

 

SMS認証とは?

 

SMSを活用するサービスの一つとしてSMS認証がありますが、どんな内容のサービスなのかを聞いたことがあるでしょうか。この記事ではその内容や利用する目的、メリットやデメリットについて広く紹介していきます。

 

SMSを活用している認証システム

 

SMS認証はスマホや携帯の電話番号に対して送ることができるショートメールを活用するシステムです。例えば、インターネットサイトにログインするときにはIDとパスワードを入力するのが一般的ですが、本当にパスワードだけで大丈夫なのかと心配に感じる人もいるでしょう。他の人にパスワードを盗み見られてしまったり、ネットワークログなどから解析されてしまったりして、不正ログインをされてしまうのではないかと懸念する人もいます。そのような手口で犯罪が起こっているのも確かなので、高いセキュリティーが求められるケースでは第二パスワードを設定したり、画像や合言葉を使って本人確認をしたりするシステムを搭載するようになりました。このような二段階にすることでたとえパスワードが一つ盗み取られてしまったとしてもログインできなくすることが可能だからです。ただ、それでもまだ完全ではないという考えも根強く、指紋などを使ったシステムをセキュリティーロックとして利用していることも多くなっています。このようにセキュリティーを確保するうえでどのようなシステムを用いるかが大きな課題になっているのが現状です。その中で生まれてきたシステムの一つがSMS認証なのです。

 

SMS認証のメリットを理解しよう

 

ショートメールは電話番号に紐付けられていることからスマホや携帯の所有者しか認証を受けられなくなるのが特徴です。一般的なSMS認証では、例えばIDとパスワードを入力したときにメッセージが自動的に発信される仕組みになっています。そのメッセージにランダムに作成された文字列や数字が記載されていて、それもパスワードと同じようにして入力することによって正常のログインだと判断されます。あるいはメッセージに記載されているURLのリンク先にいくことで認証を受けられるのが通例です。メッセージを受信してから入力するまでの有効期間も設定されているため、通常は片手にスマホや携帯電話を持っている状態でIDとパスワードの入力を始めないと、メッセージを確認して文字列や数字を入力するのが間に合いません。そのため、IDとパスワードの持ち主とその登録情報として記録されている電話番号のスマホや携帯電話の持ち主が一致しないとログインできません。高いセキュリティーを確保する方法になっているのは明らかでしょう。通常はスマホや携帯電話にもロックをかけているので、そのロック解除方法も見つけ出さないと他人が不正ログインをすることができないのです。

 

デメリットについても理解しておこう

 

SMS認証にはデメリットもあり、スマホや携帯電話を持っていない人は使えないというのが大きな問題です。会員サービスなどの認証に用いる場合にはスマホや携帯電話を持っていない人を除外してしまうことになるので、他の方法でもログインできるようにしておくと良いでしょう。また、スマホや携帯を盗まれたときや、忘れてしまって手元にないとき、電源が切れてしまったときにはログインできません。特に出先でログインしようとしたときに電池切れが問題になる場合があるので気をつけましょう。

 

SMS認証はショートメールに記載されている文字列や数字、URLなどで認証をするのが特徴です。簡単でありながらもスマホや携帯電話を持っている本人だけにしか使えないのでセキュリティーが優れています。持っていないと使えないという問題点があることも念頭に置きつつ、メリットを生かせるような活用方法を検討してみましょう。