【ValueSMSコラム7】DMの開封率とは

 

DMの開封率とは?

 

新しく発売した商品や新しく提供を始めたサービスなど、誰も知らない状態では、利用してもらうのは難しいです。ホームページを開設してそこで宣伝をするのもよいですが、DM(ダイレクトメール)を利用することを考えましょう。郵便やメールを利用したものもありますし、最近ではSMSを活用したDMもあるため、選定してベストなものを使う必要があります。ただし、選定するときには開封率というものを知らなければ、せっかく送ったものが無駄になってしまうかもしれません。そうならないためには、開封率というものが何か知ってから、郵便、メール、SMSのどれかを選ぶことをおすすめします。

 

開封率はできる限り高いほうがよい

 

郵便でDMが届いた場合、開封をせずにゴミ箱に捨ててしまったという経験を持つ方もいるでしょう。開封して中身を読んでもらえないのでは宣伝を送った意味がまったくありません。魅力的な商品やサービスを宣伝したり、とてもお得なクーポンを付けたりしても、相手にはまったく届きはしないのです。そのDMを送った人数に対して、開封してくれた人数を開封率と呼び、それが高ければ高いほど中身を読んでくれた確率が上がることになります。中身が読まれれば、商品やセービスを知ってもらえたことになるので、開封率はとても重要だといえるのです。

 

どれを選べば開封率が高いのか知ろう

 

いろいろなDMがありますが、どれを選べば開封率が高いのか知りたい方もいるでしょう。まず、郵便を利用して送った場合、開封率を知ることはできないです。なぜならば、DMを送った各家庭を訪れて、きちんと読んでくれたのか知るすべがないからです。そのため、開封率を重視して送る方法を決めたいのなら、郵便は向いていないといえるでしょう。次にメールで送る場合ですが、業者に頼めば開封率を知ることができる可能性があります。業者によっては開封したことが分かるようにしてメールを送ってくれるので、どのくらいの方が読んでくれたのかハッキリとさせられます。そして、SMSで送る場合ですが、こちらは80パーセントや90パーセントの開封率があるといわれています。そのため、できる限り多くの方に宣伝を成功させたいと考えているのなら、SMSを使うことを候補にしたほうがよいでしょう。もちろん、それぞれ方法にメリットはあるため、じっくりと比較して、宣伝方法を考えることをおすすめします。

 

開封率の高いSMSの使い方が分からない場合は

 

郵便やメールを使ったDMはかなり昔からあるため、利用方法は簡単に調べることができます。しかし、SMSを使ったDMはまだまだ一般的ではないため、使い方が調べられず困っている場合もあるでしょう。そのときは、SMSのDMに対応した業者があるので、そちらの公式ホームページに載っている説明を読んでみるとよいです。そこには、SMSを宣伝に使うことのメリットが多く載っているため、自分たちの商品やサービスにあっているか確かめてみましょう。なお、迷っているのなら業者に連絡をして、宣伝でSMSを使うことの有効性を聞くのもよいです。とくに、郵便とメールとの違いを教えてもらえば、安心して契約できるようになるでしょう。

 

DMを送る場合はたくさんの方に読んでもらえなければ、宣伝にかけたコストが無駄になってしまう可能性があります。どのくらいの方に読んでもらったのか、知りたいのなら開封率を気にして送る方法を考えたほうがよいでしょう。現在では、SMSを使うと開封してもらえる確率が上がるといわれているため、見てもらえることを重視するのなら利用をおすすめします。SMSでの宣伝を専門とする業者もいるので、利用するのが初めての方もスムーズに活用できるでしょう。もちろん、郵便やメールにもメリットはあるため、しっかりと調べてベストな方法を選択して商品やサービスをうまく宣伝し、多くの方に使ってもらえるようになりましょう。