【ValueSMSコラム15】SMSマーケティングとは

SMSマーケティングとは?

 

ビジネスをする場合には、相手にメッセージを伝えることが重要になります。相手にメッセージを伝えるといっても、ありふれたツールを使っていても目立つことはありません。そこで、可能な限り目立つメッセージを使うことが重要になることが理解できるでしょう。具体的な内容の1つは、SMSを使うことです。いわゆるSMSマーケティングと呼ばれるものが人気になっているわけです。では、このマーケティングとは一体どのような内容になっているでしょうか。

 

仕組みを理解することで正しく使おう

 

SMSマーケティングに興味がある人は、まずその仕組みをよく理解しておくことが必要になります。SMSとは、ショートメールサービスの頭文字をとった言葉で、携帯電話のメールに対して発信するものです。例えば、通信販売のお知らせや料金の催促等をSMSですることができます。ビジネス的な内容で言えば、セールの内容等になるでしょう。これをおこなうことで、多くの人に情報を知らせることが可能になります。最近はLINEサービスなどが主流となっておりSMS自体を使っている人はそこまで多くありません。特に個人の間では、それでやりとりをする例はあまりありません。やはり、個人のやりとりはLINEのような簡単な仕組みのほうが便利でしょう。しかし、ビジネスマーケティングでLINEを利用するとなると埋もれてしまう可能性があります。それだけLINEは非常に多くの人が使っており、ある意味目立ちにくいのが問題といえます。もしビジネスとしてマーケティングの手法を考えるならば、SMSマーケティングが差別化を図る上でメリットになります。あまり多くの人が使っていないからこそ、目立つため広告を開く人も多くなるでしょう。結果的に反応率が高くなり、それだけ売り上げに直結する可能性があります。

 

SMSマーケティングでは何を伝えるか

 

SMSマーケティングをする場合には、一体何を伝えるかはとても重要になります。このSMSは名前の通りショートメールになっています。ショートメールと言うことは、長文を羅列するわけにはいきません。最大で650文字程度は一度に打つことができますが、それ以上の文章を送信することは難しいでしょう。そのため、要点を押さえて宣伝することが必要になります。ただ逆に、文字数が制限されているからこそ、読むほうもポイントが分かりやすいといえます。内容を送信する立場から考えれば、どのようにポイントを押さえなければいけないかをあらかじめ検討するでしょう。限られた文字の中でたくさんのことを伝えることが難しく、要点を絞り込まなければいけません。要点を絞り込むときには、1つから2つに絞り込むのが妥当といえます。読む立場から考えてもあまりいくつも要点があっては途中で訳が分からなくなってしまう可能性があるからです。結果的に、重要ポイントをよく押さえた文章になりやすいです。

 

なぜ重要度が高いと判断されているのか

 

SMSは、マーケティングで使う場合重要性が高いと判断されています。なぜ重要性が高いかと言えば、基本的に相手に対して確実に到達するからです。一般的には、ダイレクトメール等を送信しても開封率は80%に到達することはあまりありません。ですが、ショートメールサービスを利用することにより、開封率は格段に良くなります。90%近くの開封率になることも少なくありません。そもそも、ショートメールサービス自体が1つの携帯電話に与えられて第三者がその番号を知ったとしても盗み見ることすらできません。つまりその携帯電話を手元に持っていなければ、第三者が内容を確認することができないわけです。そのような意味において、ショートメールサービスに書かれている内容は重要なことが多いです。

 

SMSマーケティングは、ショートメールサービスを利用してマーケティングをする方法です。用いられている数が少ないだけ、届いたときの開封率が高くなるのが魅力です。結果的に、重要な情報を送るのには適しているといえます。