【ValueSMSコラム18】SMSで予約確認をする方法

SMSで予約確認をする方法

 

予約管理まで任せることができる、そうしたSMSサービスの代行業者もいるようです。お客さんも予約したことを忘れてしまう、そうならないようにしっかり情報や内容が届くシステムでなければならず、業者側もキャンセル防止に繋がる方法でなければならず、こうしたシステムが構成されている点も魅力のようです。

 

追跡できる機能がついているから確認しやすい

 

これまでメールを利用した認証では、簡単にアドレスが変更されてしまい、フリーメールもつくり放題でしたが、携帯電話番号というのは簡単に変更されないので、営業職をはじめ、顧客獲得のためにさまざまな業界でSMSサービスの需要増となっています。携帯電話を所有する本人に確実にメッセージ(認証コード)を送信できますし、ガラケー・スマホどちらの連絡網にも利用可能です。本人確認、確実に連絡を取りたい、そうした手段に活用もできるわけです。飲食店やホテル業界においては、SMSで予約情報も送受信するはずで、その場合、予約確認がしたいお客さんもいるでしょうし、送信した業者側も予約確認をしなければなりません。その方法はあるのでしょうか。来店型ではないため、相手がSMSを見たかどうかも分からず、という不安もあるでしょうが、誰が、いつ、何回URLをクリックしたのか、追跡できる機能もついていますから、未読か解読かを確認することは可能です。未読であれば、確認していないことも明確ですから、再度メッセージを送信することで様子を見ることができます。

 

到達率や開封率が高いからこそURLで確認しやすい

 

予約確認の連絡では、電話をかけても知らない電話番号のために出ないこともあります。メールで連絡しても返信がないこともあるでしょう。何度も電話をかけるなら、連絡業務に時間がとられることにもなります。うまく連絡を取るという課題も、SMSなら無断キャンセルも含めて、突然のキャンセルを防止できます。到達率の速さ、開封率の高さのあるサービスだからこそ、予約確認もスムーズです。それぞれ、サービスを提供する業者によってプランが異なりますが、例えば、個別にメッセージを送ることもできますから、前日に連絡し、予約のうっかり忘れを防止できます。連絡なしが一番厄介ですが、『キャンセル料の発生しないキャンセル期限は2日前までで、キャンセルの場合にはこちらまで連絡ください』というメッセージに連絡先を差し込むのもありです。URLでHPに誘導することができれば、クリック1つで予約確認フォームが開くようです。

 

他のシステムと連携させてしまう方法

 

電話をしても出ない、予約確認の連絡業務に多くの時間を取られる業界もあるはずで、チェックインの時間の確認連絡をしたいのに、予約者が到着しないこともあるでしょう。携帯電話番号に直接文章が届く、視認性が高くすぐに見てもらえる、見ることができる、だから1度だけの送信でことが解決するようです。PC内のフォームから文章も送信でき、コールセンターの予約管理システムと連携させることも確認方法の1つでしょう。予約をした確認、利用日前のリマインドメールを送信することでリスクを低減できます。また、顧客システムにSMS送信機能を組み込むというのも手のうちで、確認、管理、連絡用途に活用できます。受信した側もメッセージを確認、そこの案内にそって連絡をするだけで確認ができてしまいます。サービスを提供する業者では、代行サービスもおこないますから、管理を含めて確認作業を任せてしまうのもありでしょう。

 

SMSで予約確認をする方法は、さまざまにあります。受信されたメッセージから連絡することや、URLをクリックして確認する方法もあります。また、業者側では、代行サービスに任せてしまうことも方法で、とりあえず、未読とならない画期的なサービスであることは確かなようです。