【ValueSMSコラム23】SMSでクレームがきたら

SMSでクレームがきたら

 

スマホやガラケーの電話番号を使って、SMSを宣伝のために送るとお客様からクレームがくることがあります。そのときは大切なお客様を逃さないようにしっかりとした対応をおこないましょう。こちらではSMSの宣伝に関するクレームの対処を説明するので、ビジネスに使おうとしているなら参考にしてください。

 

クレームにはしっかりとした対処を

 

クレームがSMSで返ってきたのなら、内容を読んでどうすべきなのか理解しましょう。たいていの場合はお客様の希望が記載されていて、それに応えられるように行動をすれば、納得してクレームを取り下げてもらえるはずです。もしも、クレームの内容がSMSを送らないで欲しいというものだったのなら、それは確実に実行しなければいけません。なぜならば、特定電子メール法が存在するからなので、それを知らないならきちんと把握しましょう。

 

違法にならないために特定電子メール法を知ろう

 

いつの間にか違法状態でSMSを送っているケースがあり、そのときはとても面倒なことになるので気をつけましょう。『自分たちは違法なことはしておらず、普通に宣伝をしているだけだ』と考えているかもしれません。もしも、特定電子メール法を詳しく理解していないのなら、宣伝しているだけという釈明は通じずに違法になる可能性があります。今からでも特定電子メール法の詳細をきちんと知って、胸を張って違法なことをしていないといえるようになりましょう。特定電子メール法は宣伝のメールを送るときに関わってくる法律で、似たようなSMSも対象になっています。難しい法律ですが最初に知っておかなければいけないのは、宣伝を送るためには、利用者の同意を得たうえで取得した情報しか使えないということです。つまり、電話番号をお客様から教えてもらうときに、『宣伝を送ってもよいか』という同意をもらわなければいけません。同意がないのに、宣伝のために電話番号を使うと違法行為になってしまうため気をつけましょう。さらに、SMSの文章の中に宣伝を中止するための方法も掲載しておかなければいけません。どちらともの条件を満たしたうえで、スマホやガラケーに宣伝を送れるので、しっかりと法律を守ってビジネスをおこないましょう。ちなみに、この法律があるため、SMSを送らないで欲しいといわれたのなら、送るのをやめなければ違反になってしまうため気をつける必要があります。とにかくお客様の意思が絶対なので、正しく理解して最善の行動をしましょう。

 

届いているかどうかきちんと確認しよう

 

クレームを入れることなく、配信のブロックをしてしまうお客様がいるのを忘れてはいけません。ブロックされてしまうと、いくら送っても読んでもらうことはできないため、余計な費用を支払い続けることになってしまうでしょう。しかし、SMS配信サービスでは、届いたかどうか確認できるようになっているので、自身の目で無事に相談できているかどうかを常日頃からチェックするとよいです。ただし、届いたとしても読んでもらえていない可能性もあるので、安心してはいけません。読んでもらったことを確認したいのなら、本文に何かしらのウェブサイトのアドレスを記載することをおすすめします。そうすれば、アドレスをクリックしてもらったことが分かるようになるため、実質読んでもらえたのかも知ることができるのです。ウェブサイトをクリックしてもらうには、魅力的な文章が必要になるのでしっかりと考えたうえで、宣伝のためのSMSに仕上げましょう。

 

クレームはきちんと対処すれば、怖いことなどないため適切な返答をおこないましょう。宣伝というのは会社の利益を生むためにおこなうものなので、減ってしまう原因となるクレームは誠心誠意対応をすることが大切です。ただし、配信をやめて欲しいというクレームならば、そのまま送り続けるのは違法になる可能性があるため、配信リストから外す必要があります。何故、違法になるケースがあるのか分からないなら、特定電子メール法を勉強してみましょう。