【ValueSMSコラム24】SMSでできることとは

SMSでできることとは

 

SMSはどのようにして活用できるのかと気になっている人もいるでしょう。利用しているケースがだんだんと増えてきているものの、本当に本格的な運用をしても良いものかと悩んでしまうのはもっともなことです。この記事ではSMSによってできることを端的に紹介するので、今後、導入して活用していくのかどうかを検討してみましょう。

 

内部向けにSMSを活用する方法

 

SMSでできることとしてまずは企業の内部向けに活用する方法が挙げられます。社員への連絡手段としてSMSを用いるのが典型的な方法です。口頭での伝達やメールでの通知に比べて従業員に情報が速やかに届くことに加え、開封したかどうかを確認することも簡単にできるのはSMSのメリットです。スマートフォンやタブレットなどを従業員に貸与しているときには特に有効な方法でしょう。送信コストがかかることから緊急連絡が必要なシーンに利用するのが一般的で、日常的なやり取りにはあまり利用されていません。しかし、迅速な指示や上司への確認が必要なシーンでも利用できる形にして運用し、ビジネスのスピードを向上させることも可能です。

 

外部向けにSMSを活用する方法

 

外部向けに活用する方法としてはマーケティングツールとするのが一般的です。顧客に対してアプローチする方法としてもすぐに伝わり、かつ開封したかどうかを速やかに確認できるのがメリットになります。キャンペーンやセールなどの情報を伝えることによって集客力を高めたり、限定通知という扱いにしてクーポンなどを発行して購入を促したりすることが可能です。また、フォローにも有効な手段として利用されていて、商品の購入やサービスの利用をした後の顧客に対して通知し、フィードバックを受けることを目的として運用されています。メールに比べると開封率が高いのがメリットで通知が届く確実性が高くなります。電話に比べると顧客にとっては煩わしくないのが魅力で、ストレスをかけてリピーターを失うといったリスクがあまりありません。顧客に受信によるコストをかけることもないという点でもメリットがあるので活用が進められています。

 

マーケティングでの応用範囲は広い

 

SMSでできることはマーケティングに着目するとかなり大きなポテンシャルを持っているので使い方次第と考えましょう。SMSによる通知では電話番号を伝えることができるのも特徴で、もし気になることがあったら電話で折り返し連絡してもらうことも可能です。また、URLを記述することもできるため、気になった情報を顧客に自由に探してもらうこともできるでしょう。インバウンドマーケティングが重視されていることから、このように顧客に選択肢を与えるアプローチをしやすいのがメリットです。もともとSMSは入力できる文字数が少ないので、あまりにも短いメッセージだったとしても情報を探せるようになっていれば顧客も不満に思うことはあまりありません。そのメリットを生かすと端的な情報を与えて、興味を持った顧客にアクションを促すという流れでアプローチができると考えられるでしょう。

 

SMSでできることは会社の内部と外部の両方に及ぶのが特徴で、すぐに伝わって開封したかどうかを確認できるというメリットを生かすと大きな可能性を秘めています。緊急時の社内連絡手段として活用できることがよく知られていますが、ビジネススピードを上げるのにも利用可能です。また、マーケティングでは顧客への直接的かつタイムリーなアプローチにできるのが魅力です。このようなメリットを参考にしてオリジナリティーのあるアプローチでマーケティングを展開していくと売り上げを飛躍的に伸ばせる可能性もあります。今までできていることにこだわらずにメリットを生かした活用していくようにしましょう。