【ValueSMSコラム26】美容室事業とSMSの相性とは

 

美容室事業とSMSの相性とは

 

 

企業が経営を軌道に乗せるためには、いかにリピーターを作れるかが重要になります。リピーターというのは、初めて利用してくれた人が企業のサービスに満足することで次に再び利用してくれる顧客のことです。

 

リピーターを作ると何度も利用してくれるだけでなく、友人や知人に口コミという形で広めてくれるので新規客を取り込める効果があります。そんなリピーターを作るうえで、企業が率先して取り入れているのが情報送信システムのSMSです。

 

テキストメッセージサービスがSMSです

 

SMSというのは、Short Message Service(ショートメッセージサービス)の略です。

SMSを利用するメリットは、情報伝達の促進性にあります。一般的なメール機能はわかりやすい表現にするために絵文字機能や画数が設定されていますが、このSMSの場合は絵文字などの表現機能をオミットするだけでなく画数も100文字前後で統一されているのです。

そのため通常のメール機能と違って容量が少なくて済むので、相手の携帯電話にすぐに情報を伝達することができます。

 

 

SMSを活用している業種の一つが美容室です

 

 

迅速にメッセージを送れる利便性からさまざまな企業が利用していると言いましたが、その中でSMSの利点と業務形態とうまくかみ合った業種の一つが美容室といえます。

美容室はカットと洗髪を基本に、顧客から要望があれば希望に沿って身なりを整えるのを生業としています。

そんな美容室は成人式や卒業式などの記念日に欠かせないので利用数は多いのですが、この利用数が多いことが美容室を営んでいる責任者にとって頭を悩ませているのです。

 

その悩みの内容というのが、商売成功にとって必須の回転率が悪いのです。先に言ったとおりに美容室は、カットや洗髪だけでなく顧客の要望に沿って身なりを整えるのが生業のため、所要時間は最低でも30分は見ておく必要があります。

美容室も回転率の悪さを理解しているので、基本的に電話予約を受け付けているお店が多いです。ただ営業が繁盛していると、予約の電話を受けられないということも起こります。

そこで役に立つのがSMSであり、顧客の個人情報の保守することを条件に登録してもらいます。登録が完了したら、確認メッセージとして相手に送り、その後空いた時間の情報を送信するもしくは空く時間帯をお知らせます。

お知らせしてもらえば、空いた時間帯にお店を訪れて作業に入れるので回転率がアップします。すぐに作業してもらえるということは、余計な待ち時間が発生しないので十分な顧客サービスにつながりリピーターにすることができるのです。

 

コロナ渦での美容室経営を助けています

 

美容室の回転率アップがSMSの目的でしたが、現状において別の利点を美容室に与えています。

それが現状において社会問題になっている、新型コロナウイルスによる経営負担です。新型コロナウイルスは接触感染だけでなく飛沫感染や空気感染に近いエアロゾル感染と多岐にわたり、特に人との接触だけでなくドライヤーといった設備を使う美容室や理容室は最も感染確率が多い場所と言われています。

そのため自粛期間が終わった後は、接触する空間を開けるために座席数を減らすだけでなく従業員もマスクや手袋の着用そして使用した後の道具は消毒するなど負担が大きくなっています。

しかし座席数を減らしても、美容室は身なりを整える場所のため時間がかかることに変わりないです。そのためお店の中で滞在をしてもらうと感染を広げるリスクがあるので、そこでSMSサービスが役に立ちます。

 

お店に来てもらうのではなく、電話もしくはホームページから予約をしてもらうことで待ち時間の発生を止めるのです。待ち時間の発生を抑え、予約時間を伝えて来店をしてもらえれば回転率がアップするだけでなく感染予防にもつながります。さらに登録してもらった人には、洗髪料金の無料化などのサービスを展開することで満足度を上げることができるのです。

 

新型コロナウイルスの影響によって、従来の商売の形が不適合となり新しい形の模索が進められています。その模索の一つが完全予約制度であり、事前に予約することで待ち時間を減らし感染予防につながるのです。完全予約制を成功させるためには、相手にしっかりと情報伝達をする必要があります。その情報伝達をするために、企業がSMSを取り入れることで効率よく発信することができます。