【ValueSMSコラム27】クリーニング事業とSMSの相性とは

クリーニング事業とSMSの相性とは

 

 

商売が成功するためには、いかにリピーターを作れるかが重要になります。リピーターを作ることによって再利用による利益だけでなく、気に入ったお店を紹介してもらえることで新規客を取り入れられることから商売によって大事とされる理由です。

 

そのリピーターを作るためには顧客が満足できるサービスを提供する必要があるのですが、その満足のいくサービス提供において各企業で利用数が増えているのがSMSサービスになります。

 

情報伝達をスムーズにするのがSMSサービスです

 

SMSサービスとはショートメールサービスの略であり、その名の通りに短い文面のメッセージを送ることです。このSMSサービスの利点としてはメッセージだけを送信し、画像やデータファイルは送信できないようにすることでコストカットし、送信料金は8円など低価格で利用することができるのです。

 

また、通常のメールとは異なり、開封率の高さも目立ちます。

 

様々な企業がメールによるダイレクトメッセージを行っていますが、ユーザーも営業メールになれてしまい、なかなか開封しなくなってきています。

SMSの場合には、まだ営業メッセージが来るという認識が薄く、逆にキャリアからのメッセージなど重要な連絡がくるイメージを持たれている方も多いです。そのため開封率が高く重宝されております。

 

クリーニング店が利用する理由は迅速な返却ができます

 

短い文章を送れるSMSサービスは、その利用のしやすさから様々な企業が利用をしています。

 

そんな企業の中で、最もSMSのメリットを生かしたのがクリーニング店です。クリーニング店のサービス内容をおさらいすると、大量の衣服や絨毯など自宅では洗浄がしにくい生地製品を一度に預かり、それを専用の洗剤と大型の洗濯機を利用をして洗い、さらには業務用の乾燥機とアイロンを使いきれいに仕上げてくれます。

 

そんなクリーニング店でSMSサービスを使うと、顧客にとってうれしいのは工程が終わったタイミングを伝えることができる点になります。従来の場合だと、事前に出来上がると思われる時間を顧客に伝えるもしくは出来上がった段階で電話通信で伝えたのちに受け取りに来てもらうという仕組みだったのです。

 

ただ出来上がると思われる時間帯を伝える場合は、相手に時間があるのであれば問題はないのですが時間がないと待ち時間が発生してしまい相手を不愉快にさせてしまう恐れがあります。仮に電話連絡の場合も、相手が受け取ればよいのですが留守番サービスに入れないと受け取ってくれない恐れがあるのです。

 

そんなときにSMSサービスを利用することで、相手の携帯電話にメッセージを送ることができれば、相手は確認しやすいので出来上がった段階で取りに来てくれます。

 

 

メッセージとして残すことで忘れ防止につながります

 

 

出来上がったタイミングでメッセージを伝えることで、迅速にきれいに仕上がった状態で時間のロスなく相手に返却できるのがクリーニング店で利用される理由の一つです。

 

もう一つ、クリーニング店で利用するようになった理由としては、顧客によるさまざまな忘れ対策になります。先に言ったとおりにテキストメッセージでクリーニングが終わる時間を伝えることで迅速な返却が可能ですが、もし受け取りに来ない場合には専用の保管ルームで預かることになるのです。

 

従来の予想時間の伝達や電話連絡では、正確に時間を伝えても相手が受け取らないと意味がなく、相手側が知らなかったと言われれば延滞料金の請求ができなくなります。その点メッセージとして残しておけば伝えた証拠になり、延滞した分の料金を請求することができます。

 

そして保管ルームを利用するうえで、相手のメッセージを送ることで保管期間を伝えることができます。保管期間を過ぎても受け取りに来ない場合には、さらに一定期間の猶予期間を経て最終的に保管庫から廃棄する流れです。メッセージとして残しておけば、その期間のメッセージを送れるので返却ができるだけでなく送っても期間内に受け取りに来なければ所有権放棄となり廃棄することができるのです。

 

短い文章を伝えるSMSサービスを利用する企業が増えているのは、迅速な情報伝達をすることで顧客に対して満足のいくサービスを提供することができます。その上メッセージとして残すことで、しっかりと業務連絡をしたことの証明になるので、ルール違反をしたときの罰則規定をするときにも役に立つのです。