【ValueSMSコラム32】家賃滞納者の対応方法

家賃滞納者の対応方法

 

不動産経営をしているときには家賃滞納者が出てきてしまうとどのようにして対応したら良いかが悩みになりがちです。その解決方法としてSMSを活用できるということを知っているでしょうか。どんな形で活用できるのかを端的に紹介するので、家賃滞納の問題解決にうまく利用していきましょう。

 

家賃滞納の対応が問題になる理由

 

不動産経営では入居者が毎月期日までに家賃を払ってくれることによって安定した収入を得られるようになります。しかし、実際には期日までに支払いをしてくれない場合もあり、催促をして払ってもらわなければならない場合もあります。ただ、家賃を滞納している入居者に催促をしたのが原因でトラブルが起こってしまうことも少なくありません。電話をかけても出てもらえず、部屋に押しかけてみたら怒鳴り返されてしまったというのがよくあるパターンです。オーナーとしてはまだ出ていってもらわなくても家賃をまとめて払ってくれれば良いという気持ちもある場合が多く、かなり未納額が大きくなってしまうこともあります。もはや支払いは不可能だろうという状況になってから催促を始めると、滞納している入居者としても本気で払えないけれど追い出されるわけにもいかないという感じで躍起になってしまいがちです。賃貸契約では原則として入居者が守られる内容になっているので強制的に追い出すことも初期には難しく、最終的に追い出したとしても悪評が立ってしまって空室が埋まらなくなるリスクがあります。訳アリ物件と言われてしまうかもしれないという懸念もあってどういう対応をしたら良いかが悩みになりがちです。

 

SMSを使えば解決することが可能

 

SMSによる催促はこの問題を解決できるアプローチです。電話は出なかったら話をできませんが、SMSのメッセージはすぐに手元に届いてメッセージの冒頭部分は表示されてしまいます。開封したかどうかも確認できるので、開封をしたのに連絡が返ってこない、滞納を続けているという場合には催促を無視したという判断で正当な形で退居を強制することが可能です。メッセージの冒頭部分に家賃の支払いを催促する一文を入れておけば、その電話番号を使っている限りは入居者が目にすることになるでしょう。そのため、催促を繰り返していけばきっと不安になって内容を確認します。このような形で証拠を取れると、強制退去のリスクが高いことを懸念して入居者も退居してからどうするかを考えるようになってくれます。うまくSMSでの連絡内容を変えていって強制退去をせずに自分から退去したいと申し出てくれれば助かるでしょう。また、たまたま家賃の支払いを忘れてしまっただけの人もいます。その際にSMSならすぐに伝わるので対応してくれる可能性が高く、直接訪問したり電話をかけたりするよりもプレッシャーがないので快く思ってくれるでしょう。

 

SMS配信サービスを使って解決しよう

 

小さなアパートの経営であれば管理はそれほど大変ではありませんが、大きなマンションになると複数の滞納者が出てきてSMSを送るのも負担になりがちです。そこで役に立つのが配信サービスで、滞納者の電話番号を登録してスケジュールを入れておけば継続的に配信を続けられます。家賃を滞納し続けている人に入金してもらうには根気強く催促することが必要なので、自動化できるサービスを活用することも検討しましょう。

 

家賃滞納者への対応をどうするかは不動産経営の大きな課題で、トラブルを避けつつきちんと払ってもらえるように根気強く催促を続けることが大切です。SMSは相手に情報が伝わりやすく、開封したかどうかも確認できるメリットがあるので滞納者への催促に有用な方法。自動配信サービスを使えば繰り返し催促するのも簡単になるので併せて検討してみましょう。