【ValueSMSコラム34】SMS送信の誤送信について

SMS送信を使えば、携帯電話から簡単にメッセージを送ることができますが、送信するときに気をつけなければいけないのは誤送信です。間違った方法でメールを送ってしまうと、送った本人だけでなく、送られた相手にも迷惑をかけてしまう場合があります。間違って送信をしたことに自分で気がついたときには、ミスに対してしっかりとした対応をする必要がありますが、ここでは間違ってSMSを送信してしまった場合の、正しい対処法などについて、紹介していきます。

 

間違った相手にメールを誤送信した場合

 

SMS送信を使用する場合によくある誤送信が、送る相手を間違えてメールを送ってしまうケースです。簡単な操作ミスで送るメールを間違ってしまうようなこともあり、送ったメールの内容によっては、本当に送るはずだった相手に対して迷惑がかかる場合もあります。メールを間違った相手に送ってしまったことに気がついた場合には、すぐに削除をする必要がありますが、一度送ってしまったメールを、自分で削除するのは不可能です。この場合には、間違ってメールを送ってしまった相手に対して、メールを誤送信してしまったことを謝罪するメールを別に送る必要があります。あわせて誤送信されたメールを削除してほしいということを相手に依頼します。

 

間違った内容のメールを誤送信した場合

 

間違った内容のメールを相手に送ってしまうことも、SMS送信を使用する場合によくある誤送信です。メールを送った後に文章を読み返してみて、間違いに気がつくようなこともありますが、すでにメールを送ってしまった場合には、送られたメールを自分で削除するのは難しくなります。間違った内容のメールを送信してしまった場合にまずしなければいけないのが、メールの文章のどこが間違っているのかを、しっかりと確認することです。間違った場所を見つけたらそれを訂正して、正しい文章に直してから、再び相手に送信します。この場合には、ただ相手にメールを送信するだけでなく、間違ったメールを送ってしまったことを、謝罪する内容の文章も、一緒に記載する必要があります。相手に送ったメールをどうしても削除したい場合には、間違った内容のメールを送った相手に別のSMSを送信して、前に送ったメールの文章の中に誤りがあるから削除してほしいということを、依頼する方法もあります。

 

複数の相手に誤送信をしてしまった場合

 

複数の相手に一括してメールを送信しなければいけない場合には、一度に多くの相手に誤送信をしてしまうこともありえます。このような場合にも、送ってしまったメールを自分で削除することはできなくなるので、メールを送った相手に対して、削除を依頼することになります。この場合には誤送信をした全ての相手に対してメールを送らなければいけないために、メールを送った相手を調べるだけでも時間がかかります。ですが、SMS送信を一括しておこなうことができるサービスを利用すれば、間違ったメールを送ってしまった相手が複数いる場合でも、まとめて削除を依頼するメールを送ることができるので便利です。SMS送信のサービスを利用すれば、誤送信を防止するための機能を利用することもできるために、仕事で多くのメールを送らなければいけない場合にも、使いやすいサービスです。

 

SMS送信をする場合に気をつけなければいけないのが誤送信ですが、間違った相手にメールを送ってしまった場合には、送られたメールを自分で削除することはできなくなります。この場合にはメールを送った相手に、間違ったメールを送ってしまったことを別のメールで知らせ、送ったメールを削除してほしいことを依頼することになります。メールを誤送信した相手が複数の場合には、削除依頼のメールを送るために時間がかかりますが、メールを一括して送信できるSMSサービスを利用すれば、メールの送信も簡単にできます。